ちびログ
chibiruri.exblog.jp

ちびルリのリネやリアルの覚え書きヾ('□'*)ノ

カウンター
最新の記事
以前の記事
カテゴリ
最新のコメント
> Lizalさん ..
by chibiruri at 15:37
経験値獲得イベントはやな..
by Lizal at 09:39
> Lizalさん ..
by chibiruri at 03:25
証書でロスとした経験値復..
by Lizal at 18:14
> Lizalさん ..
by chibiruri at 22:27
どんまいw
by Lizal at 16:51
> Lizalさん ..
by chibiruri at 22:14
> HANTHさん ..
by chibiruri at 09:37
> 紫龍帝さん そ..
by chibiruri at 09:36
町付近にいるボスは、町中..
by 紫龍帝 at 01:50
最新のトラックバック
ガウディが残した神の教会..
from dezire_photo &..
リネージュ THE CR..
from 本の紹介ページ
ライフログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
検索
風邪
風邪(かぜ)は、主にウイルス感染による上気道(鼻腔や咽頭等)の炎症性の病気で、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻閉など局部症状(カタル症状)、および発熱、倦怠感、頭痛など全身症状が出現した状態を指す。

単一の疾患ではなく、医学的にはかぜ症候群として、急性鼻咽頭炎(普通感冒)から急性喉頭炎、咽頭結膜熱、インフルエンザ、マイコプラズマ肺炎等までの総称だが、全身症状がことに強く、時に重症化するインフルエンザ(流行性感冒;流感)は、風邪とは区別して扱われることが多い。

尚、俗称として、消化管のウイルス感染によって嘔吐、下痢、腹痛などの腹部症状と上記全身症状を来した状態を、「お腹の風邪」と呼ぶこともある。

風邪の多様な症状は、様々な病因によって発生し、稀には性病として知られる淋病が、喉粘膜に発生する事によっても、風邪によく似た症状が出る事が知られている。この他にも風邪と紛らわしい初期症状を示す病気は数多くあり、「かぜは万病のもと」と言われる由縁である。

■病原体(病因)

かぜ症候群の80~90%はウイルス感染に、10~20%がマイコプラズマ、クラミジア、細菌感染による。これが「ほとんどの風邪には抗生物質は無効」とされる理由である。

ライノウイルス
鼻がくずれる、普通感冒といわれている。
くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが主症状で、年齢を選ばない。冬の感染が多い。

アデノウイルス
夏に流行。プールで感染するプール熱として知られる。

パラインフルエンザウィルス
インフルエンザという名称が入っているが、インフルエンザウイルスとは別のウイルスである。
喉頭と下気道を起こしやすい。子供がかかる場合が多い。

RSウイルス
気管支炎や肺炎を起こしやすい。乳幼児は重症になる場合もある。春と夏の感染が多い。

コロナウイルス
冬に感染しやすい。SARSはコロナウイルスの新種と言われる。

エコーウイルス
エンテロウイルス
下痢を起こしやすい。夏に流行する。

マイコプラズマ
オリンピック熱として知られる。肺炎を起こしやすい。

インフルエンザウイルスC型
毒性が弱いことから、インフルエンザウイルスCは風邪と判断される場合が多い。
他にもあらゆる細菌やウイルスが風邪の原因となり、その数は200種類以上といわれる。

風邪となる病原ウイルス(細菌)は上記のように非常に多く、またライノウイルスを例に挙げると、数百種類の型が存在するためワクチンを作ることは事実上不可能であり、どのウイルス(または細菌)が原因なのか診断するのも困難である。

■感染経路

病原体の感染経路には、以下の3種類がある。

空気感染(飛沫核感染)は結核,麻疹,水痘などの病原体が直径5µm以下の微小飛沫核となって長時間空中を浮遊し、空気の流れによって広範囲に伝播される感染様式で、空調設備のある個室への隔離や特殊なマスク(N95マスク)の着用が必須とされる。

飛沫感染はインフルエンザ,風疹,マイコプラズマなどの病原体が咳,くしゃみ,会話などで直径5µm以上の飛沫粒子となって飛散し、約1m の距離内で濃厚に感染を受けるもので、通常のマスク装着による飛沫予防策も有効とされている。

接触感染はいわゆる風邪、MRSA、O-157、赤痢、急性下痢症、A型肝炎などで見られ、感染源との接触した手・体による直接接触、或いは患者に使用した物品や環境表面との間接接触によって成立する。手洗いの励行は勿論、病原体に応じて手袋・ガウンなどの使用、聴診器など器具の共用禁止、消毒薬の使用、個室隔離など、様々な接触伝播経路における予防策が必要となる。

■風邪に対する生活上の注意

病原体に対しては、皮膚や粘膜が物理的防壁として、涙、唾液、咳、排尿、排便などが生理的排出機構として、更には免疫機構が重要な役割を演じている。根本的な風邪薬が無い現在、これら自然に備わった感染防御機構をいかに上手に働かせるか、が重要となる。

十分な栄養と、睡眠をとる。
安静にして休んでおくのは医療上も基本原則である。暴飲暴食、喫煙・飲酒も避ける。
外出後やトイレの後などに、手を石鹸でよく洗う。
マスクを着用する。
上気道のカタル症状に気付いたらマスクを常時着用し、気道粘膜が冷えたり乾燥したりしないようにする(気道粘膜の感染防御能保護の為)。飛沫感染をとるインフルエンザなども病初期には風邪症状と呈するので、パンデミックを未然に防ぐ為にも、早めのマスクの着用は重要である。
冷気に身体を曝す、身体が冷えることが風邪の原因である(あるいは感染・発病を助長する)と一般には信じられている。が、実験ではそれを否定する結論が出されている。

風邪 - Wikipediaより抜粋

咳がひどく、のどの痛みがとれません(>_<")
とりあえず寝て体力の回復を図ります
by chibiruri | 2006-11-27 04:31 | その他 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://chibiruri.exblog.jp/tb/6103878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。